沼南ラジオ工作室(JA1GMO)日記
思いつくままに・・・工作室日誌

懐かしいレトロ感覚の真空管式ラジオ・キット情報も・・・。

■■ 手賀沼の南から ■■

 2018年 戌 
ようこそ !
沼南(しょうなん)ラジオ工作室へ

 
沼南(しょうなん)町はかつて手賀沼の南に位置する千葉県東葛飾郡のただひとつの町でしたが2005年3月、隣接の柏市に併合し、柏市になりました。沼南ラジオ工作室の名前の由来です。

自称工作室主任の私は今でも秋葉原に出入りするアマチュア無線、ラジオ工作好きのかつてのラジオ少年の一人です。秋葉原を知ることになった1952年から現在までの秋葉原にまつわる断片的な思いでや、ラジオの工作(自慢?)、今現在の日々の出来事を思いつくままに、思いでの断片を切り取りながら日記風に掲載しています。

(最終更新日:2018年 6月19日(火) ■CQ誌7月号記事掲載1RW−DX(1球ラジオ)/■電鍵自作研究ページ中にキツツキー写真追加/■オーディオ・プロセッサ復活?/■12SX7−GT単球ラジオ配線/■実体配線図の想い出/■2R−STD改、0−V−1/■しょうなんラジオ工作室定番の短波コイル/■CQ誌5月号別冊付録で製作したラジオを短波ラジオに改造/ 
(Email =ja1gmo@jarl.com)

ホームページ(トップページ)へ戻る



 今日のメニュー(日々変更あり)
工作室日誌
2018年

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011以前


NEW=
(No.15=2キー縦押しにキツツキー写真追加)


自作電鍵工作記録
(各種電鍵自作研究
=工作室日誌から抜き出し再録)
■ラジオ工作記録
電子工作マガジン掲載作品
/送・受信機修復、製作
/その他電子工作全般作品紹介


真空管ラジオ
レトラジ
展示コーナー

再生式の001

AMステレオラジオR2

小型のレトラジR3
想い出の秋葉原
小学生が見た秋葉原。
そこにラジオの
入り口があった。
青春日記
東日本大震災
3年目の日に想う。
40数年前の出来事
痛恨の陸前高田
「試してじっけん(実験)」

交信仲間の実験工作レポート
1/6NEW作品 投稿あり!  

JA1GMOアーカイブ